ラトヴィア共和国 homeへ
▲世界遺産アールヌーボ


世界遺産アールヌーボ

リーガの建築におけるアールヌーボー
 19世紀の終わりから20世紀の初めにかけてのアールヌーボーは、リーガのイメージの素晴らしい特徴となっている。ここで完璧なまでの壮麗さを誇っている。アールヌーボーの装飾外観は、アルベルタ通り、エリザベテス通り、ストレールニエク通りにミハイル・エイゼンシュテインがデザインした建物に見ることができる。ライオンやスフィンクスの像は石碑の上に整えられており、ファサードは色つきれんがやセラミックタイルで、植物や人の顔が装飾様式で飾られている。多くのアールヌーボービルは、ブラウマニュア通り、テールバタス通り、ループニェーシィーバス通りに造られた。合理的なアールヌーボースタイルの建物である垂直的様式は、ブリービーバス通り、マリヤス通り、ゲルトルーデス通りで見られる。民族芸術に息づいた工芸の要素はアールヌーボーの国民ロマン派の特徴である。この様式による初めてのビルは、マリヤス通り26とテールバタス通り15/17にある。ビルのファサードは飾りを控え、ウインドウケースの上のコーナーは傾斜をつけている。曲げた屋根はラトビアの民家の建て方に似ている。