ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


アイズプテ

 アイスプテは、ラトビアの中で、最も古い町の一つである。考古学的根拠からすれば2世紀から4世紀にかけて、既に人々が定住していた。
 今、アイスプテは、芸術、文化、歴史、建築の重要な中心地である。都市計画は13世紀から19世紀の典型であった木造建築が施工され、今も保存されている。最も素晴らしい記念建造物は、リボニア騎士団城の廃墟とルーテル教会である。道路修理と食品製造産業も発達している。