ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


カンダヴァア

 アバヴァ川を渡る石の橋は、1873年、フィルックス男爵によって造られた。ラトビアでは一番古い石橋で、全長66mである。石のオベリスクがあり、オベリスクにはフィルックス男爵の名前と日付の石のプレートが橋の真ん中の両サイドについていたが、1960年代の初めに持ち去られた。カンダヴァは「クルゼメのスイス」と、時には呼ばれている。カンダヴァは水の隣という意味である。
 市は清潔で、整頓されていることで知られている。1997年に第2回スリースタースポーツゲームが行われた。将来はスポーツ産業の発展が計画されている。