ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


レーゼクネ

 第4代大統領(カールリス・ウルマニス)が就任した時代、レーゼクネがラトガレの主都であると言っていたので、住民たちはラトガレ地方の主都はレーゼクネであると考えている。レーゼクネ川、レーゼクネ湖、更に7つの丘は、ラトガレ地方の中心に位置している。
 レーゼクネは重要な貿易の中心地である。国内ハイウェイと国際ハイウェイのリーガ〜モスクワ、カウナス〜ダウガウピルス〜聖ペテルスブルグは市を通っており、リーガ〜モスクワ〜聖ペテルスブルグ〜ワルシャワの鉄道線路も市を通っている。
 食品加工産業がここに起こり、建築材料産業は急激に発達している。総合大学、地方病院、芸術音楽大学もある。