ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


リエパーヤ

 リエパーヤは、ラトビア第3の都市で、しばしばユーラス・ヴァールティ(海門)と呼ばれ、バルト海とリエパーヤ湖とトスマーラ湖との間に位置している。都市権は1625年に得た。歴史的記録として初めて書かれたのは1253年であった。リエパーヤは、素晴らしい歴史的記念物、芸術、文化遺産がたくさんある市である。聖三位一体ルーテル教会(ヨハン・ドーンデザインによる1742年〜1758年)と優れた木彫家のセフレンズ・ジュニアが1697年に造った有名な祭壇を有している聖アンルーテル教会は、プルシアの優れた宗教と建築の記念物である。聖アンナ教会は1893年に今の場所に建てられた。