ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


ラトビアの首都リーガは800年の歴史の市

 リーガは、リーガ湾に流れ込むダウガヴァ川の左岸に位置するラトビア共和国の首都である。リーガの折り紙つきの特徴の一つはシルエット輪郭である。ダウガヴァ川の岸辺のラインに3つの高いせん塔が立っている。ドーム大聖堂、聖ピーター、聖ヤコブ教会である。輪郭の左には騎士団(1330年)のリーガ城がある。今日、教会の塔は元のものよりも高くなっている。グリービングマリアの聖マリア・マグダーレン、アングリカン、聖ジョー、リフォーム等、それぞれ教会の塔、そして、リーガ工科大学の建物は、輪郭の中央部に位置している。リーガを特徴づける、オールドリーガの輪郭は保存される価値があり、1997年にユネスコの世界文化遺産のリストに登録された。