ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


ヴィリャカ

 ヴィラカはラトビアの東側国境付近にあるヴィラカ湖近くの町である。そこは緑豊かな町で、歴史的な出来事や歴史的な記念物、美術品にあふれている。
 神聖なイエスのローマカトリックヴィラカ教会(1890年〜1891年)は、ラトビアに存在する新ゴシック様式の教会の中で最も重要な一つであり、国の重要な記念建造物となっている。ヴィラカのルーテル教会(1928年)はヤーニス・ツィールリスという建築家が造った。ヴィラカには第2次世界大戦前、シナゴーグもあった。
 この町の経済は、主として個人的な事業、様々な工芸業、観光業によって成り立っている。ヨーロッパの伝統文化の催しと夏のキャンプが、毎年、この町で何日もの日数をついやして行われている。ヴィラカは、文化と教育の分野で、フィンランドとノルウェーと提携しているため、町の人々は良い教育の機会に恵まれている。