ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの都市
リーガリエパーヤヴェンツピルスダウガウピルスイェルガワユールマラクルディーガタルスィカンダヴァアルークスネ
ストレンチアイズプテスミルテネヴァルデマールピルスツェーシスシグルダルザレーゼクネスルティシュキヴィリャカ


ヴェンツピルス

バルト海沿岸の最大の港
 近代的なヨーロッパ都市で、不凍港であるヴェンツピルスは、バルト海地方の石油製品最大の輸出地であり、東西諸国間における重要な通過地点で、1997年から自由港の状態になっている。
  5万人の住民がいるが、ラトビアで最も高い就職率で、最も高い平均賃金となっている。1700以上の会社や企業が記録されている。ここ10年間で、町には大きな変化が起きた。大学、高等教育のための研究付属校があり、様々な国際文化イベントが行われている。住民や町を訪れた人は、近代スポーツ施設で練習することができる。町の古い所は修復され、公園や海岸も整備され、そして、通りは舗装された。建築記念物であるヴェンツピルス城は修復された。市役所は個人の建物を改良・修理することを奨励している。