ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの四季
オーロラ


オーロラ

 北の光現象、またはオーロラは、北極圏を越えた地球磁極の周りで、通常見ることができる。時にはラトビアでも見られる。ラトビア人は、「空のカーヴィ」という。その光景は感動的でほんの2、3分続くだけのときもあれば、一晩中のときもある。2000年の冬には、ラトビアの各地で数時間続いた。異なった形で現れ、交わったりもし、その輝きと光景は思ったより速く変化する。カーヴィは、1980年代の終わりと1990年代の初めに、何回かラトビアの空に漂った。ピンク、グリーン、イエローの流れるパッチが空に見える。1992年1月27日に赤と青の光線が星の光を完全に消した。ラトビアのオーロラは太陽活動が極大点になったときに見られる。