ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの宿泊施設の紹介

ホテル
小ぎれいな心地良いホテルのあるもてなしの良いリーガ市
旅行者にとってヴェツリーガ(旧市街)ほど良い所はない
 13世紀の中期、リーガの中庭に石膏のビルが建てられた。下の階と屋根裏部屋の一部は倉庫であり、上の階は居住空間であった。16世紀の初め、ヴェツリーガには128の石膏の建物があった。リーガを通した輸送貿易の発達により、17世紀には、穀物や大麻製品等を蓄える新しい石膏の建物が必要になった。倉庫は居住地の隣で、できるだけダウガヴァ川やリーガ川の近くに建てられた。18世紀の終わりには、166の倉庫がヴェツリーガにあった。
コンヴェンタ・セータ・ホテル
13 世紀〜19 世紀の建物で1995 年再建
 
パークホテル・リーゼネ
広い街路に囲まれたパークホテル・リーゼネ 部屋は素晴らしく、気持ちが良く、シンポジウムがしばしば開かれる。ピラミッド型のガラスのレストランは近代的で魅力的である。
 
ローマホテル
 リーガ市の心臓部分に一つの時計があり、人々が好んで待ち合わせをする場所となっている。ライマ時計と呼ばれ、優れたチョコレートやキャンディーを生産しているライマ工場のものである。ローマホテルは時計台から通りを渡った所にあり、新しくモダンなホテルである。戦争中、爆弾によって破壊された古いローマホテルの用地に建てられた。オットー・シュヴァルツ・レストランはホテルの最上階にある。時計の隣にある小さな開放的なレストラン・コロナーデはおいしいペストリーで有名である。

■その他のホテルはBusiness Travel International TASのHPをご覧下さい。