ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの生活
病院道路鉄道空港市場田舎の農場


リーガ港

 リーガ港は、領土の中では最大の港である。ラトビアを通って積み換えられる荷物の4分の3を扱っている。リーガ港では原油以外、多様な船荷を扱うことができる。今日の荷の大半は、木材製品、無機肥料、金属、コンテナ、石油製品である。1996年以来、港の総取扱高は、平均年率7%の増加を見ている。リーガ港の主な有利性は、好都合な地理的位置と港に接している道路と線路の輸送の高度に発達したネットワークにある。積まれる船荷の80%は通過輸送されるものである。
 イルベ海峡とリーガ港は、現在5万トン以上のパナマックスタイプの船を扱うことができる



リエパーヤ港

 リエパーヤ港は、ラトビアの三大港の一つで、ラトビアでは特別な経済ゾーンである。1992年までは保護軍港であった。貨物運送扱いはなく、多くのドックは1992年に再建されなければならなかった。今日、扱われている貨物は一般的なもので、ほとんどが木材と資材である。
 リエパーヤは国際的商品取引とともに、貿易、工業、海運、航空を発展増進させるため、特別経済ゾーンを指定している。市の領域の65%がゾーンである。それは3739ヘクタールで、中には1197ヘクタールの港と251.1ヘクタールの工業用飛行場を含んでいる。



ヴェンツピルス

ヴェンツピルス−バルト海沿岸の最大の港
 近代的なヨーロッパ都市で、不凍港であるヴェンツピルスは、バルト海地方の石油製品最大の輸出地であり、東西諸国間における重要な通過地点となった。ヴェンツピルスは1997年から自由港の状態になっている。
 5万人の住民がいるが、ラトビアで最も高い就職率で、最も高い平均賃金となっている。1700以上の会社や企業が記録されている