ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの記念建築物(教会)
ドーム大聖堂リフォーム教会イエスのルーテル教会リーガ・シナゴーグロシア正教会旧教教会聖ピーター・聖パウロ教会
アグルァナのバジリカ教会堂聖シーモン教会ルンダーレ城ツェスヴァイネ城アーライシ湖城丘城証券取引所
アレクサンドラ・ダーヅ勝利の記念碑自由の記念碑ブラックヘッドハウス


1941年に破壊、1999年に再建のブラックヘッドハウス

 ブラックヘッドハウスは、リーガの議会広場の最も豪華な建物である。1939年まで、市の社交界に魅力を備えた、忙しく精力的なブラックヘッドが管理していた。
 ハウスは1941年6月に破壊され、1996年6月から再建が始められた。
ブラックヘッドハウスは、ゴシックスタイルで、中世の大きな住居にふさわしく建てられていた。高さは27mであった。家は1713年にブラックヘッドの所有となり、現在の名前が付けられた。ゴシック調の特徴を保ちながら何回か再建された。最も大がかりな再建は、1619年から1625年にかけて行われ、主なファサード(建物の前面)は北ヨーロッパの方式により建てかえられ、ゴシック段階の装飾、石の装飾、彫刻、鉄製品、時計が加えられた。ブラックヘッドハウスの舞踏室には12のベンチがあり、それらはブラックヘッド、ロイベッカー、ギルド組合、リーガの貿易業者、ウェストファリアン等の人々のものであった。