ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの記念建築物(教会)
ドーム大聖堂リフォーム教会イエスのルーテル教会リーガ・シナゴーグロシア正教会旧教教会聖ピーター・聖パウロ教会
アグルァナのバジリカ教会堂聖シーモン教会ルンダーレ城ツェスヴァイネ城アーライシ湖城丘城証券取引所
アレクサンドラ・ダーヅ勝利の記念碑自由の記念碑ブラックヘッドハウス


ロシア正教会旧教教会

 リーガクラスタ通り73にあるグレベンシュチコフ旧信者会館は、建築上の記念物で、1812年に焼け落ちた古い木造の教会があった所に、1814年に建てられた。金色に染められた教会ドームは遠くから見ることができる。グレベンシュチコフ教会は質素なビザンチン建築スタイルで造られた。ドームを持った教会の塔(1905〜1906年)はアールヌーボーの跡がある。
 ロシア正教会は17世紀に分裂した。18世紀、ここに強力な旧信者の社会の一つが確立された。旧信者社会の人々は、自分たちの社会及び宗教的伝統をもち、他の宗教社会から離れて暮らした。彼らは、たばこも酒も、他宗教の人と食事をすることも許されていなかった。グレベンシュチコフ会館は世界で一番大きな旧信者会館である。