ラトヴィア共和国 homeへ
▲ラトビアの博物館
野外民族博物館ペドヴァーレ野外芸術博物館劇場博物館国立芸術博物館イェルガワ宮殿


ペドヴァーレ野外芸術博物館(ユネスコの文化事業)

 アバヴァ川渓谷にあるペドヴァ−レ野外芸術博物館は、指導者であり、彫刻家であるオヤ−ル・スフェルドベルグスによって始められた。彼は文化と歴史の特別保護区域になっているアバヴァ川渓谷委員会のメンバ−である。アバヴァ川渓谷は、最も絶滅しやすい遺跡の世界警戒記念碑100選の中に、リストアップされている。
寺院の丘も、以前のように、整備されている。そこからはアバヴァ川渓谷の美しい景色を望むことができる。
古い荘園の果樹園も生き返り、ここは芸術家の創造性が発揮される所となった。ペドヴァ−レ野外芸術博物館では、多くの展示やイベントが徐々に行われるようになった。地方で評判が高い芸術家や国際的に名声を持った幅広い層の芸術家、そして芸術学院の学生たちが、展覧会に参加している。対象芸術は、周囲の環境と同質のものである。一部の作品は通常、室内にも展示される。
毎年、多くの参加者、オブザーバー、批評家がここに集まり、新しくて、非伝統的な芸術展示を行っている。